米農家中西のデジカメ百姓日記

2011年10月30日

冬期湛水の準備 その3

 我家の裏の大きな田んぼははざ掛け天日干しした田んぼです。稲藁をカッターで切り、捲く作業をしました。今日の作業で面積の4分の1ほどが終わりました。ブルーシートで覆った山の下に稲藁があります。雨で濡らさない為です。

冬期湛水始めました

冬期湛水といっても、冬になったら水を入れればいいというものではなさそうです。
これは経験上、わかりました。というのは、稲刈り後できるだけ早く入水するのと、のんびり年末になってから入水するのでは、トロトロ層(ミミズの糞)の堆積の様子が全く違います。冬になってから入水したのでは、トロトロ層がほとんど堆積しません。ですから、ここ数年はできるだけ早く水を入れるようにしています。

下原の三角の田んぼとその中にあるメダカ水路(10月16日入水)



下原の大きい田んぼ(10月23日入水)


原新田の田んぼ(10月16日入水)


裏の小さい田んぼ(10月29日入水)

薪作り その1

これ何だかわかりますか?
ペチカ用の薪にするカラマツの切羽です。長さ4m、直径80㎝の束になっています。業者から運搬してもらい、庭に2束置いてある写真です。一束、試しにペチカで焚いてみたので、チェーンソーで切断してあります。この冬の暖房用です。

2011年10月23日

冬期湛水の準備 その2

稲専用のコンバインではなく汎用のコンバインで刈り取った田んぼでは30㎝ほどの長さで、稲株が残っています。これでは、茎が長く残りすぎと思い、草刈り機で稲株を短く刈り上げました。

冬期湛水でイトミミズが排泄した糞が稲わらの上に堆積し、耕さない田んぼへの田植えが可能になります。

今日も軽トラ大好きのチェルシーは荷台で作業の様子を見ていました。
【農作業備忘録】
下原の大きい田んぼに入水。

2011年10月16日

軽トラ好きのチェルシー

 我が家の愛犬ボーダーコリーのチェルシーは軽トラで一緒に農の仕事に出掛けるのが大好きです。荷台に乗って、風を切りながら、風景が流れていくのを見ているのが好きなんだと勝手に思っています。
 今日は、白毛もち米の稲刈りとはざ掛けです。稲束を積み込んでも、降りようとしません。

こんなになっても、荷台に居続けます。

 私もついつい、意地悪してやります。こんな感じに。でも、彼女はうれしそうに笑っています。

冬期湛水の準備 その1

はざ掛け天日干しした田んぼでは脱穀のあとに稲束が残ります。この稲束をカッターと呼ばれる機械で切り刻み、田んぼ一面に撒きます。稲わらは大変重要です。冬期湛水した時に、稲わらの下がミミズの棲家になり、ミミズたちは土を食べ、盛んに稲わらの上に糞を排泄します。この糞が天然の肥料になるわけです。
【農作業備忘録】
裏の小さい田んぼ・・・・・・稲わら散布。残りの1/3の面積完了。
三角の田んぼ、原新田の田んぼに入水。

2011年10月10日

直炊き風呂 その2

 夕方の空にシルエットとして浮かび上がる煙突とそこからゆらゆらと出る煙。直炊き風呂を炊く時のものです。今ではすっかり日々の生活の作業の一部になりました。

2011年10月8日

コシヒカリ脱穀

 秋晴れ、まさに脱穀日和とでもいいましょうか。はざ掛けしたコシヒカリの稲束もほどよく乾燥し、文句なしです。


【農作業備忘録】
10月6日・・・・・原新田の田んぼ、三角の田んぼ稲刈り。~8日機械乾燥。
10月8~10日・・・・・裏の大きい田んぼ、小さい田んぼの脱穀
10月10日・・・・・・・・裏の小さい田んぼ、稲わらをカッターで切り、散布。2/3の面積終了。3時間ほど

2011年10月2日

古代の米 香り米の稲穂

 古代米の香り米 緑万葉の籾は青みがかった黒色、やっと稲穂が頭(こうべ)を垂れてきました。
赤米の真紅の稲穂もきれいだけれど、香り米も甲乙つけがたいほどきれいです。

カマキリじいさん

秋はカマキリじいさんがやってくる季節でもあります。家にも時々やってきます。

めずらしい光景に出会いました。カマキリが産卵しているところです。