米農家中西のデジカメ百姓日記

2011年12月30日

冬期湛水田の田回り

朝、7時。ちゃんと水が田んぼに入っているか、ネズミやモグラの巣穴を通じて、隣の田んぼに水が流れ出ていないか、田回りをしました。冬場、時々行う仕事です。素手は冷たさを通り越し、痛いです。水口はあまりの寒さで水しぶきが凍ってます。数年掛けて少しづつ、水漏れしないように改修してきた土手はしっかり水を湛えてくれています。経験を積んで、水加減も多過ぎず、少な過ぎずが身についてきました。
 今年、課題に感じたことを来年、取り組むのが今から楽しみです。

2011年12月25日

冬期湛水田に雪が舞いました

夕方、雪が舞い、冬期湛水している我が家の田んぼは凍った田面が雪で覆われました。今まで、例年より暖かいと感じていましたが、例年と同じ寒さを感じた日でした。どか雪が降ったり、-10℃にも達する寒さだと冬期湛水田の水管理に気をつかいます。


僕、山師になる

お風呂を薪による直焚き風呂に替え、冬の暖房も薪によるペチカに替えました。そうなると、薪確保に目の色変えざるを得ません。近所に住む叔父に相談したら、俺のところの山、間伐してあるし、俺ももう山に薪集めには行かないから、お前が自由に持っていけというのです。これはありがたい。家から車で10分の現地に急行。かみさんと薪集めに行ってきました。

しかし、贅沢なことだとつくづく思います。この山の斜面に転がる間伐材、全て薪用として使えるのですから。こうやって、山に通い、薪集めするのも楽しいものです。これからは、チェーンソー持ってきて、本腰しれて、薪集めします。これからは、山師としてもデビューです。

2011年12月10日

朝日に輝く冬期湛水田

伊那谷では日に日に寒さが増してきています。澄んだ空気の中、朝日が冬期湛水田を照らしています。

 氷点下となり、田んぼの水も凍っています。


我が家の裏から見える中央アルプス駒ヶ岳も雪化粧です。

2011年12月3日

薪作り その3

直焚き風呂とペチカの薪作りの為に使っているチェーンソーはSTIHLのもの。チェーンソー初心者としてはどのメーカーのものがいいのかわからず、結局、一番有名なSTIHLのものを購入しました。

他のメーカーのものを知らないので、比較した感想は言えないのですが、満足しています。