米農家中西のデジカメ百姓日記

2012年8月27日

薪小屋作り その2

昨年、11月に薪小屋用に敷いた砂利にやっと、基礎として沓石を施工しました。

柱を立てる8カ所に水平、直角、高さをきちんと合わせ、埋設。コンクリートで固めました。

田んぼの土手に掛かるところは砂利が崩れないように、板で止め、水で薄く溶いたコンクリートを上から掛けて、浸透させました。意外と固まり、いい感じです。

夏の間に貯めなければと、冬、活躍するペチカ用の杉材もどんどん軽トラで運びこんでいます。


杉の切羽の中には細いものもあるので、これは風呂用に使います。

杉の皮が剥がれ、結構出ます。これは、粉砕して、フカフカの道を作る為に使おうと思います。

2012年8月11日

コシヒカリの稲穂出始めました

例年より10日ほど遅い出穂です。というのは、不耕起栽培で前年までの根穴構造が影響してか、水持ちが悪かったのです。水持ちが悪いと、毎日、朝夕と水を入れないと田んぼの水が干上がってしまいました。田植え~7月中旬くらいまでは水持ちが悪い状態が続きました。毎日入れ続けた冷たい水の影響が生育に影響してしまいました。不耕起栽培と水持ち、来年度への課題です。

早朝5時、葉先には吸い上げた水滴がついています。早朝に見られる、「稲、活動しているなあ」と思わせてくれる一時の風景です。

この葉先の水滴も日が昇って、暑くなると、消えてしまいます。