米農家中西のデジカメ百姓日記

2012年10月28日

古代米の稲刈り

10月27日、28日で古代米 赤米、黒米の稲刈り、はざ掛けをしました。今年は黒米の苗の出来がよかったのですが、その為か、とてもしっかりした籾がつきました。収量も近年にない量です。やはり苗の出来不出来がその後の成長を大きく左右するということを実感しました。

赤米と黒米の血をひく、突然変異の古代米の一株もはざ掛けしました。種籾として、来年育てます。今から楽しみです。

籾殻・廃油ハイブリッドボイラーの開発 その4

3月以降、農繁期に突入した為、中断していた籾殻ボイラーの廃油も利用できるハイブリッドボイラーへの改造を再開しました。今回、再開したのは所定の温度以上にならないと廃油を供給しない安全対策です。3月に紹介した家にころがっていたジャンク品の温度コントローラを使います。写真右上の黒いヤツです。

この温度コントローラはプログラムコントローラと言って、様々なシーケンスが組めるものですが、今回のシステム構成ではある温度の達したら廃油を供給する電磁弁を開けるという単純は動きなので、付加価値付き過ぎのものです。ですが、折角あるのでこれを使います。

3月の実験では、籾殻が燃焼し、排出される部分、すなわち燃焼点の反対側に温度センサー(熱電対)を入れました。燃焼の様子を正確に捉えられないため、燃焼点近くの温度をモニターできる部分へ温度センサーを差込みました。

廃油のタンクはペール缶を利用し、専用コックを付けました。今回手を加えたことで、だいぶシステム構成が固まってきました。


2012年10月21日

赤米、黒米の血をひく古代米

古代米の稲穂を眺めていたら、一株だけ、見慣れない穂を付けているものがありました。
その稲株は明らかに、赤米の紅吉兆でもなく、黒米の紫黒苑でもない稲穂の存在感は圧倒的でした。

これが黒米の紫黒苑ですが、籾の大きさはこれと同じくらいです。

これが赤米の紅吉兆です。野毛の長さはこれと同じです。

籾の中の玄米は左端が赤米、右端が黒米。真ん中が今回、見つけたものです。色はやはり、赤米と黒米の中間の色合いです。


2012年10月14日

薪小屋作り その4

薪小屋の基礎を作ったのが8月。それから、ずっと手付かずだった薪小屋作りを再開しました。冬の到来前に完成させ、この冬必要な薪を置いておく為です。
今日はまず、5つ並んでいる区画の一つをほぼ、作り上げました。一つ作りその反省を以降の、作業に活かす為のお試しというわけです。

なかなか、いい感じで出来ました。基礎がしっかりできていれば、あとは仕事が早く進むということも実感しました。やはり、何事も基礎が大事ということでしょうか。薪にする2mの材をそのまま、積み上げます。こんな感じで、肩ぐらいの高さまで積む予定です。

乾燥した区画の材から順次、45cmほどの長さに切断し、ペチカ用に使います。

2012年10月8日

白毛もち米・香り米稲刈り

今日は天気もよく、一昨日10月6日に稲刈りした白毛もち米のはざ掛け天日干しをしました。稲束を軽トラで回収して回り、はざの近くに持っていきます。

軽トラの上からはざ掛けするので、作業がしやすいです。

今年は香り米を例年より早く、刈り取りました。香り米であり緑米である緑万葉の緑色がきれいに残っていることを願って・・・・・。

香り米をはざ掛けした様子

こちらは白毛もち米です。

農作業備忘録
10月6日 裏の小さい田んぼ、残り半分、脱穀。
9月30日 裏の小さい田んぼ、残り半分稲刈り、はざ掛け
9月29日 借りている田んぼ、裏の小さい田んぼ(半分)、大きい田んぼ、脱穀