米農家中西のデジカメ百姓日記

2012年12月29日

薪作り

我家の暖房はペチカなので、薪を大量に使います。薪小屋も半分が完成し、使い始めています。
この中に、製材所から調達した長さ2メートルの材木が縦長に入っています。

屋根も雪が降る前に取り付け出来たので、ご覧のとおり、いい感じです。雨や雪で濡れずにすみます。屋根越しに見る積雪の中央アルプスがとてもきれいです。

電動丸ノコで長さ2メートルの材木の中ほどを切断します。

 その後、また半分に切断し、50センチほどの薪の完成です。

出来た薪は薪小屋の一画に、切断した薪専用の置き場を確保し、そこへ投げ込んでおきます。

2012年12月24日

雪で覆われた冬期湛水田

この冬、初めてのまとまった雪が降りました。10センチくらいでしょうか。冬期湛水田もご覧のとおり、雪で覆われています。

冬期湛水田に雪が積もると、おもしろみが出てきます。それは雪と水と稲株が作りだす紋様です。


2012年12月16日

冬期湛水は水管理が肝

冬期湛水は水管理が肝です。我が家のある地区では冬場、幸い用水路に水が流れているところがあり、その用水路に面している田んぼで冬期湛水をしています。でも、用水路の水が極端に少なくなる上、さらに上流での用水路の整備などで水がさらに激減し、田んぼに水が入らない日もあります。

水が激減すると、板で用水路の水嵩を上げ、田んぼに水を入れるなど悪戦苦闘します。

田んぼに水がやっと入れられても、ご覧のとおり、この程度の時もあります。

こんなに少なくても、時間をかけて水を溜めることができます。冬場こそ、水の有難味を感じます。

逆に、水が多すぎると、稲わらが水で漂い、田んぼの際に寄って来てしまいます。こうなると、折角、田んぼ一面に散布した稲わらの効果が台無し。田面の高さも変わってしまうし、・・・・冬期湛水、結構難しいです。


農作業備忘録
12月11日 裏の大きい田んぼ、小さい田んぼ冬期湛水開始

2012年12月9日

土手補修 土のう いいかも

冬期湛水をやるということは、土手にとって、とても過酷です。ネズミの穴や、冬の寒さで土手が霜で浮き上がり、漏水。崩壊。とても、土手が傷つきます。今まで、土手の補修は流出した土をただ、元に戻すというやり方でした。今回、土のうで補修することを試してみることにしました。

排水溝には左側、我家の田んぼの土手から流出して土手の土がどっさり。

この土を土のう袋に詰めます。土のう袋は10枚で200円もしないので、経済的にも助かります。
この冬一番の寒さの中での仕事はとても、こたえます。

土手下から土のうを上げるのは、ただ土を上げるのより楽です。

土が流失して、低くなった所に土のうに入れて、土を戻してやります。土のうの重さは30kgはありそうです。自重で、土手を固める効果もありそうです。この冬の冬期湛水を乗り越えた後、春先の土の手の様子が楽しみです。土の流失を見事防げるか、あまり効果がないか?