2013年6月30日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その3

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

6月16日「最高難度の雑草 クログワイ退治 その1」でご紹介したクログワイの除草ですが、6月16日除草時の写真と半月経過した6月30日の同じ場所の様子をご紹介します。


6月16日除草後の様子(左半分:除草後の箇所  右半分:未除草の箇所)


6月30日の様子(左半分:6月16日除草後の箇所  右半分:未除草の箇所)

16日に除草した箇所にクログワイが見られます。1回の除草だけでは、不十分のようです。しかし、右半分の未除草の箇所より明らかにクログワイは少なくなっています。除草機による除草効果はありそうです。

6月30日除草後の様子
クログワイはほとんど見られません。またしばらくしたら、様子を見てみたいと思います。



2013年6月29日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その2

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

昨年、クログワイという雑草で壊滅的な減収となった不耕起栽培していた田んぼです。今年は、耕し、コシヒカりの作付けはしましたが、クログワイ退治に注力することにしました。
手前が半分が田植えしたコシヒカリ。奥に見えるのが、繁茂してきたクログワイです。
作付けした手前もクログワイが繁茂すると想定していたのですが、コシヒカリののほうが勝ったのか、株間もすっきり見えています。

田んぼの奥はというと、ご覧のとおり、クログワイがすごいです。
このクログワイ、どうして除草最高難度かというと、球根を持ち、地下茎で勢力を拡大していくのです。不耕起栽培では、耕しませんので、クログワイは地下で好きなように勢力を広げることができるのです。

このクログワイをトラクタで漉き込んでしまうというわけです。

しばらくしたら、もう一度、トラクタで攪拌しようと思います。

2013年6月16日

古代米 紫神子、緑神子の田植え

ちょっと遅くなりましたが、今シーズン、我が家のお米に仲間入りした古代米の田植えをしました。

緑神子です。


これが紫神子。


これは、黒紫苑と紅吉兆の交雑によって変異したと思われる、新しい品種。名前はありません。


これはコシヒカりと紅吉兆が交雑したと思われる品種。コシヒカリと同じウルチ米と思われます。
残念ながら、育苗に失敗し、残ったのはこの苗一本です。

最高難度の雑草 クログワイ退治 その1

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

ついに出てきました。除草、最高難度の宿敵、”クログワイ”。株間に見えるツンツン髭のように伸びた雑草がそうです。
球根、地下茎で広がっていくため、不耕起栽培でもっともやっかいな雑草です。

やむを得ず、クログワイがひどい田んぼは不耕起をあきらめ、耕起しました。
除草機で駆除するためです。

除草機を押した写真左は一見、クログワイが駆除できたように見えます。恐らくまた球根から再生してくると思います。数回、除草機を押そうと思います。



2013年6月9日

年に一度の感動 - 夕日

1年に何回見られることでしょう。この夕日。だけど、この夕日の風景が家の窓から見える・・ということはお金で買えない財産のように感じます。

年に何回かしか、見られないけれど、田んぼ・夕焼け・田面に映る夕日・山、それぞれがうまく調和して、感動です。

駒ケ岳の雪形

我が家の裏庭からは中央アルプス 駒ヶ岳が見えます。梅雨とともに、雪解けが進み、駒ヶ岳の名前の由来になっている駒(馬)の雪形がはっきり見えます。
みなさん、どこに駒(馬)がいるかわかりますか。

拡大して見ましょう。右側の黒い部分です。頭が右下を向いて、シッポが左上です。