米農家中西のデジカメ百姓日記

2014年3月29日

春、野良仕事の前の準備

春の訪れを感じる今日この頃です。春の農作業の始まりは、片付けから始まります。
庭先、畑、田んぼに散乱している切羽や剪定した枝などを燃やします。


育苗の準備の為、ハウスの中も片付けます。
            
           お掃除前

           お掃除後

2014年3月23日

コシヒカリの種もみ、浸漬開始

今日、コシヒカリの種籾の浸漬を始めました。ご覧のようにポンプで水を循環させます。
この状態で2週間ほど浸し、覚醒させます。最後の数日、水を加温して、芽出しをします。


2014年3月22日

自然の冷蔵庫

3月9日に投稿した日記とは打って変わり、雪は跡形もなく、消えています。 春ですね~。
50センチほど雪があった1か月ほど前。籾摺りで出た籾殻もいつもの場所に持って行けず、しかたなく、裏庭に放っておきました。

雪が消えたので籾殻を片付けようと、籾殻の山を崩した時、びっくりしました。
その中に隠れていたのは雪でした。

籾殻が自然の冷蔵庫となり、雪を保存していました。凄いです。籾殻の断熱性。


2014年3月9日

まだまだあたり一面、雪の下

氷点下の日々が続き、屋根の上の雪解け水が長いツララになっています。

田んぼ一面、雪に覆われ、農作業、いつになったら始められるか不安になってしまいます。

まだまだ寒いので、切って準備している薪も雪に埋もれています。