2014年10月26日

冬期湛水始めました

冬期湛水を始めるのは早いほどよいのです。 ここ伊那谷では冬には氷点下になるのは当たり前です。そのような時期は田んぼの土が凍土化してしまいます。一旦このような状態になると、イトミミズの活動の立ち上がりが極端に悪くなるのかなと感じています。

今日は2つの田んぼで冬期湛水を始めました。


原新田の田んぼ

下原の三角の田んぼ

2014年10月13日

野菜の不耕起栽培

今の野菜畑です。
防草シートを敷いたおかげで、わりと管理された状態に見えます。

我が家は不耕起栽培(耕さない栽培)なので、収穫の終わった野菜の株は根元から切り取り、


このように、株を残したままにします。こうすると、土内の根穴構造が保たれ、土中の生き物の棲家も守られるわけです。

きれいに刈り取った後、防草シートの間に次の種を蒔きました。 えーと、ここにはシュンギクだったと思います。ちょっと蒔くのが遅いかもしれません。


種まきした後は籾殻を被せ、乾燥防止にしました。最近はもっぱらこの方法でやってます。







2014年10月12日

無農薬の白毛もち米を稲刈り、天日干し

昨日(10月11日)に稲刈りした白毛もち米をはざ掛けしました。こうして、1週間、天火干しします。


白毛もちの隣には古代米(黒米、赤米、香り米)が登熟中です。刈り取りはまだです。