米農家中西のデジカメ百姓日記

デジカメ百姓日記


デジカメ百姓日記へようこそ!

信州伊那谷の米農家です。
米農家中西と言います。屋号 が 中西だからです。なぜ 百姓 を続けているかというと、先祖代々 受け継がれている 田んぼ があり、僕も 米作り を続けたいと思ったから。
コシヒカリ や 古代米 (赤米・黒米)、 伊那谷 に古くから伝わる 白毛もち米 を 無農薬米 にこだわり、 工夫 しながら作っています。米作り を通じて、百姓 としての喜びを味わいたい。この思いから インターネット を通じて 無農薬米 販売 しようと思ったのです。2004年からインターネットで 無農薬米 販売 を始め、お客様と直接つながる米農家を目指しています。
四代目農主 小牧 久幸

お米栽培の柱

無農薬 無施肥栽培

2004年から始めたお米の無農薬栽培。有機肥料を使った栽培の他、無施肥栽培にも取り組んでいます。我が家の米作りの基礎です。


冬期湛水

冬、田んぼに水を溜めておく冬期湛水という方法を実践しています。イトミミズが繁殖し、ミミズの糞が自然の肥料になり、抑草効果も期待できます。


不耕起栽培

冬期湛水と組み合わせることにより、稲株の残る耕していない田んぼへの田植えが可能になります。耕さないことにより、土中環境が維持され、より自然に近い状態での栽培です。


手作業を残す

昔ながらの手間の掛かる手作業も大切にしています。今は もうあまり 見かけなくなってしまった、はざ掛け 天日干しなどの手作業を継続することにより、百姓の原点を大切にしています。



百姓としての理念



自立共栄

自立共栄の米農家を目指します。現在の大規模経営の流れにはのりません。 手作業の良さと独自の工夫で、小さな兼業農家として自立し、お客様に貢献する【 自立共栄 】を心に、 お米をお届け致します。


挑む

挑む米作りを実践します。 自然の力を巧みに使った無農薬栽培にこだわり、創意工夫の米作りに挑戦し続けます。


楽しむ

楽しみながら やります。会社勤めをしながらの週末 百姓 。春から 収穫 の秋まで、週末は 農作業 一色。正直きついです。だからこそ、 目標 を持ち、 楽しみながら やります。



我が家のお米

コシヒカリ

信州伊那谷は昼夜の寒暖の差が非常に激しい内陸性気候の谷です。 南アルプスを源流とする三峰川沿いの田んぼには 南アルプスの石灰岩から滲み出す白く濁ったミネラル豊富な水が入ります。 この気候と水が コシヒカリの栽培に適していると言われています。このお米 を通じて、米作りを勉強しました。収穫量を多くしたくて、肥料 を入れすぎ、病気にさせてしまったこともありました。雑草対策 がうまくいかず、収穫量が半分以下になってしまったこともありました。多くの課題を乗り越え、栽培してきた我が家のお米作りの原点と言える品種です。

白毛もち米

白毛もち米は山深く、谷険しい信州伊那谷に、いつのころからか「 白毛もち米 」と呼ばれるもち米がひっそり栽培されていました。農家はこれでお餅を作り、そのおいしい味を千年余の時代を絶やすことなく、貴重な稲の種子をその家の宝として代々守ってきました。「 白毛もち 」は昔から味、香り、粘りともに最高とされ、伊那谷 では多くの農家が栽培してきましたが、草丈が長く栽培しにくいことから、絶滅寸前の品種となっていました。私がお世話になっている上伊那農民組合では、伊那に古くから伝わる「白毛(しらけ)もち」の復活と特産化に取り組んできました。同組合の許可を得てお米を販売しています。

古代米

赤米 紅吉兆

紅吉兆は日本古来の在来品種です。タンニン系赤色色素の赤米の玄米は朱い色素が籾殻内部から熟し始めて日を追うごとに朱くなっていきます。 赤米は葉や茎はやわらかく風が吹くと赤い穂がゆらゆらと揺れます。 赤米の玄米は晩秋の収穫直前に一気に完熟し朱紅色に変身します。 紅吉兆は太古の濃朱赤色の稲穂が非常にあざやかです。晩生品種でしかも小粒。赤米ではめずらしいもち米 、しかも無農薬のお米です。

黒米 紫黒苑

アントシアン系紫黒色色素の黒米はインドやジャワ・中国方面から伝わってきた外来品種です。黒米(紫黒米)の葉や枝は太く、ピンとしていてとても堅固で、瞬間風速60メートルにも耐える稲株と言われます。コシヒカリが田植えから収穫まで4ヶ月なのに対し、紫黒苑は田植えから収穫まで5.5ヶ月掛けゆっくり登熟する極晩生品種です。とにかく比類ない最高品質の古代のもち米、しかも無農薬のお米です。

香り米 緑万葉