米農家中西のデジカメ百姓日記

ラベル 冬期湛水田 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 冬期湛水田 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年5月5日

冬期代掻きと冬期湛水した田んぼの様子

不耕起田に冬期湛水しても、セリやスズメノテッポウなどは冬の間、水の中で成長を続け、春、暖かくなり始めると、爆発的に増殖します。
収穫後、初冬に冬期代掻きして、冬期湛水した田んぼには全く、雑草が見当たりません。
いい感じです。

秋に、定点撮影の為に、目印として立て支柱付近の稲株はトロトロ層で埋もれているのがわかります。



2017年3月19日

春めいてきた冬期湛水田

ブログの更新もすっかりご無沙汰していました。
しかし、季節は着実に春めいてきています。冬期湛水田も柔らかな春の日差しに輝いています。

昨年末に既に咲き始めた福寿草は大きな株になっています。今週から今年の米作りの準備をしようと思っています。


2017年1月4日

冬期湛水田 水面に映った空、雲、林がきれいです

冬期湛水田の水面に映った空、雲、林がきれいです

今日はよく晴れ渡り、冬期湛水田の水面に映った空、雲、林がきれいでした。空気が澄んだ冬ならではの景色と言えるでしょう。


2016年12月18日

冬期湛水田が凍りました

冬期湛水田に氷が張っても、水面下では微生物の営みが続いています

本格的な冬の到来です。
冬期湛水田の水が凍りました。
そっと乗っても、割れない程度に凍っても、水面下では微生物が活動しています。


2015年1月4日

冬期湛水田の様子

みなさん、あけましておめでとうございます。
今の冬期湛水田の様子を見て頂きたいと思います。

大晦日に降った雪が田んぼに残っています。寒さの為、田んぼの水が結氷しているので、雪が残っているのです。


雪が降ると、排水口付近が詰まってしまうことがあるので、水の通り道を作ってやるなど、気配りが必要です。

2014年12月7日

冬期湛水田の様子

昨年は用水路工事により、冬期湛水が出来なくて残念でした。しかし、今年は用水路にも水が流れ、冬期湛水も順調です。



2014年11月22日

裏の田んぼ 冬期湛水開始

我が家の裏の田んぼの冬期湛水の準備が整い、入水しました。

2014年11月8日

冬期湛水にそなえて、土手補修

冬期湛水するには土手が漏水しないように補修しておく必要があります。毎年、全ての田んぼの土手を補修するわけではないです。ひどい状態の土手の補修をします。

今年は下原の田んぼの漏水防止の畦シートが傾斜がひどくなっている土手を補修しました。

まず、畦シートを完全に撤去します。

土手に沿って、まっすぐに溝を掘りなおします。

畦シートがまっすぐ埋設されるように添え木で直線を出しながら、埋設します。

こんな感じで埋設します。

2014年10月26日

冬期湛水始めました

冬期湛水を始めるのは早いほどよいのです。 ここ伊那谷では冬には氷点下になるのは当たり前です。そのような時期は田んぼの土が凍土化してしまいます。一旦このような状態になると、イトミミズの活動の立ち上がりが極端に悪くなるのかなと感じています。

今日は2つの田んぼで冬期湛水を始めました。


原新田の田んぼ

下原の三角の田んぼ

2013年1月14日

冬期湛水田 早朝から吹雪

早朝から、横殴りの雪。我家の裏の冬期湛水田も雪に覆われました。今日の雪は風を伴っており、こういうのを吹雪というのでしょう。視界もかなり悪くなりました。

こんな日でも、雪かき、暖房用の薪作り、ビニールハウスが雪の重みで潰れないように支柱立て、などなど、14時くらいまで外で仕事しました。

2012年12月16日

冬期湛水は水管理が肝

冬期湛水は水管理が肝です。我が家のある地区では冬場、幸い用水路に水が流れているところがあり、その用水路に面している田んぼで冬期湛水をしています。でも、用水路の水が極端に少なくなる上、さらに上流での用水路の整備などで水がさらに激減し、田んぼに水が入らない日もあります。

水が激減すると、板で用水路の水嵩を上げ、田んぼに水を入れるなど悪戦苦闘します。

田んぼに水がやっと入れられても、ご覧のとおり、この程度の時もあります。

こんなに少なくても、時間をかけて水を溜めることができます。冬場こそ、水の有難味を感じます。

逆に、水が多すぎると、稲わらが水で漂い、田んぼの際に寄って来てしまいます。こうなると、折角、田んぼ一面に散布した稲わらの効果が台無し。田面の高さも変わってしまうし、・・・・冬期湛水、結構難しいです。


農作業備忘録
12月11日 裏の大きい田んぼ、小さい田んぼ冬期湛水開始

2012年1月21日

冬期湛水田 水と雪が作る自然の造形

この冬一番のまとまった雪が降りました。雪が降った後の冬期淡水田を見るのが楽しみです。
というのは、水と雪が作る自然の造形が好きなのです。早朝、ひとつひとつの田んぼを見て回りました。皆、個性的な雪模様を作り出していました。

我が家の裏の大きい田んぼ

我が家の裏の小さい田んぼ

下原の大きい田んぼ

下原の三角の田んぼ


原新田の田んぼ

2012年1月8日

冬期湛水田 中央アルプスを背景に

冬期湛水田の水口は水の流れで凍結していません。その水口の水面ぎりぎりにカメラを下げ、中央アルプス駒ヶ岳をバックに撮影しました。

2011年12月30日

冬期湛水田の田回り

朝、7時。ちゃんと水が田んぼに入っているか、ネズミやモグラの巣穴を通じて、隣の田んぼに水が流れ出ていないか、田回りをしました。冬場、時々行う仕事です。素手は冷たさを通り越し、痛いです。水口はあまりの寒さで水しぶきが凍ってます。数年掛けて少しづつ、水漏れしないように改修してきた土手はしっかり水を湛えてくれています。経験を積んで、水加減も多過ぎず、少な過ぎずが身についてきました。
 今年、課題に感じたことを来年、取り組むのが今から楽しみです。

2011年12月25日

冬期湛水田に雪が舞いました

夕方、雪が舞い、冬期湛水している我が家の田んぼは凍った田面が雪で覆われました。今まで、例年より暖かいと感じていましたが、例年と同じ寒さを感じた日でした。どか雪が降ったり、-10℃にも達する寒さだと冬期湛水田の水管理に気をつかいます。


2011年12月10日

朝日に輝く冬期湛水田

伊那谷では日に日に寒さが増してきています。澄んだ空気の中、朝日が冬期湛水田を照らしています。

 氷点下となり、田んぼの水も凍っています。


我が家の裏から見える中央アルプス駒ヶ岳も雪化粧です。

2011年10月30日

冬期湛水の準備 その3

 我家の裏の大きな田んぼははざ掛け天日干しした田んぼです。稲藁をカッターで切り、捲く作業をしました。今日の作業で面積の4分の1ほどが終わりました。ブルーシートで覆った山の下に稲藁があります。雨で濡らさない為です。

冬期湛水始めました

冬期湛水といっても、冬になったら水を入れればいいというものではなさそうです。
これは経験上、わかりました。というのは、稲刈り後できるだけ早く入水するのと、のんびり年末になってから入水するのでは、トロトロ層(ミミズの糞)の堆積の様子が全く違います。冬になってから入水したのでは、トロトロ層がほとんど堆積しません。ですから、ここ数年はできるだけ早く水を入れるようにしています。

下原の三角の田んぼとその中にあるメダカ水路(10月16日入水)



下原の大きい田んぼ(10月23日入水)


原新田の田んぼ(10月16日入水)


裏の小さい田んぼ(10月29日入水)

2011年10月23日

冬期湛水の準備 その2

稲専用のコンバインではなく汎用のコンバインで刈り取った田んぼでは30㎝ほどの長さで、稲株が残っています。これでは、茎が長く残りすぎと思い、草刈り機で稲株を短く刈り上げました。

冬期湛水でイトミミズが排泄した糞が稲わらの上に堆積し、耕さない田んぼへの田植えが可能になります。

今日も軽トラ大好きのチェルシーは荷台で作業の様子を見ていました。
【農作業備忘録】
下原の大きい田んぼに入水。

2011年10月16日

冬期湛水の準備 その1

はざ掛け天日干しした田んぼでは脱穀のあとに稲束が残ります。この稲束をカッターと呼ばれる機械で切り刻み、田んぼ一面に撒きます。稲わらは大変重要です。冬期湛水した時に、稲わらの下がミミズの棲家になり、ミミズたちは土を食べ、盛んに稲わらの上に糞を排泄します。この糞が天然の肥料になるわけです。
【農作業備忘録】
裏の小さい田んぼ・・・・・・稲わら散布。残りの1/3の面積完了。
三角の田んぼ、原新田の田んぼに入水。