米農家中西のデジカメ百姓日記

ラベル 百姓力 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 百姓力 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月10日

ササニシキの脱穀と白毛もち米の稲刈り

今年は今だかつてないほどに、長雨でした。
今日は久しぶりに、秋晴れと言える青空になりました。

9月17日に稲刈りしたササニシキを脱穀しました。

その脱穀の時、今まで見たことのないものを見ました。
長雨の為、ササニシキの落穂が発芽していたのです。びっくりしました。初めて見ました。


あと、白毛もち米の稲刈りもしました。

2016年8月10日

最高難度の雑草  クログワイ退治 その7

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

最高難度の強雑草 クログワイ退治に苦労しているここ数年です。
今年新たなクログワイ退治を試してみました。 以下のような、ワイヤー式の刈り払い機にカルガードというアタッチメントを付けました。


これを大きく育った稲株の株間に、これまた大きくなったクログワイを根本から刈り取るのに使ってみました。

クログワイをうまく、根元から刈り進むことができました。 今後もかなり使えるかもしれません。


2016年6月25日

最高難度の雑草  クログワイ退治 その6

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

田んぼの中で最も除草が難しいのが、クログワイという雑草です。葉っぱがなくて、一本の枝だけがすっと伸びています。

地上部だけを除草機で駆除しても、後からまた成長してきます。とても厄介な雑草です。

2016年6月12日

農機具の修理、工夫で百姓力アップ - 草刈機

作業効率や経済性を考え、自分で工夫が大切。今回は草刈機です。

私は草刈機に金属製の円盤の刃ではなく、ワイヤータイプのものを使っています。

下の写真は裏側からみたところ。ワイヤーの先に金属製の突起が付いていて、ここにワイヤーを引っ掛けるのです。

出来合いのワイヤーはお高いので、自作することにしました。

材料は元になるワイヤーと電気工事で使う電線用圧着スリーブ


市販されている出来合いのワイヤーと遜色のない自作ワイヤーができました。何事も創意工夫が大切ですね。



2016年4月24日

悩み多き、無農薬米 プール育苗

育苗で考える力を養い、百姓力を高める

育苗で嫌な予感がして来ました。
発芽にバラツキがあり、成長が止まってしまったような苗もあります。


たぶん、まだ発芽が十分でない段階で、太陽シートを取り、プール育苗を始めたためです。
太陽シートを取り、入水するのは、できるだけ、我慢し、発芽を促してからのほうが良さそうです。

2016年4月17日

​ 農機具の修理、工夫で百姓力アップ - 水揚げポンプ

作業効率や経済性を考え、自分で工夫が大切。今回は水揚げポンプです。

育苗箱は水を溜めたプールで行います。プール育苗といいます。水はポンプで行います。今まではエンジン式のものでしたが、今シーズン電動式ポンプを購入し、使い始めました。

ポンプ本体を用水路に入れ、底水を吸い上げます。水量が少ない時も、頼もしく吸い上げてくれます。

揚水量が多いので、あっという間にプールに水が入ります。



無農薬米の稲の苗が発芽しました。でも大丈夫かな。

育苗で考える力を養い、百姓力を高める

種籾を蒔いて、1週間が経過しました。保温の為に被せていた太陽シートを剥がしました。緑色の小さな芽がうっすらと出ています。

しかしながら、端の列の箱では発芽していません。これはちょっと心配でしたが、プール育苗を始めました。発芽していない箱でも発芽してくれるといいのですが。

2015年6月13日

最高難度の雑草  クログワイ退治 その5

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

2012年に経験した田んぼ全面に拡がった クログワイ 地獄から3年。その田んぼの今についてご紹介します。2013年にその田んぼの クログワイ の繁茂の激しい部分を部分減反し、5月から8月までの間、代掻きを3回ほど繰り返し、出てきた クログワイ を土中に漉き込むことをしました。その部分はご覧のとおり、 クログワイ がほとんど見られないぐらいになりました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA一方、上記の作業を行わなかった部分ではまだ、クログワイが発生しています。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAこれは除草機で、地道に根絶しようと考えています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年7月13日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その4

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

下の写真は雑草の中で最も手ごわいクログワイに支配された田んぼの2012年の様子です。
クログワイに栄養を持っていかれ、クログワイの間に多少、稲株が見える程度でした。

昨年、2013年はこの田んぼの半分は作付せず、クログワイ退治をしました。田植え後から秋の収穫までの間、トラクタで3回ほど代掻きをして、芽吹いたクログワイを漉き込むという方法です。
その甲斐あり、クログワイは大夫、減りました。稲株も元気です。

それでも残っているクログワイを退治する為に、除草機を押しました。

今年は収穫が期待出来そうです。

2013年6月30日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その3

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

6月16日「最高難度の雑草 クログワイ退治 その1」でご紹介したクログワイの除草ですが、6月16日除草時の写真と半月経過した6月30日の同じ場所の様子をご紹介します。


6月16日除草後の様子(左半分:除草後の箇所  右半分:未除草の箇所)


6月30日の様子(左半分:6月16日除草後の箇所  右半分:未除草の箇所)

16日に除草した箇所にクログワイが見られます。1回の除草だけでは、不十分のようです。しかし、右半分の未除草の箇所より明らかにクログワイは少なくなっています。除草機による除草効果はありそうです。

6月30日除草後の様子
クログワイはほとんど見られません。またしばらくしたら、様子を見てみたいと思います。



2013年6月29日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その2

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

昨年、クログワイという雑草で壊滅的な減収となった不耕起栽培していた田んぼです。今年は、耕し、コシヒカりの作付けはしましたが、クログワイ退治に注力することにしました。
手前が半分が田植えしたコシヒカリ。奥に見えるのが、繁茂してきたクログワイです。
作付けした手前もクログワイが繁茂すると想定していたのですが、コシヒカリののほうが勝ったのか、株間もすっきり見えています。

田んぼの奥はというと、ご覧のとおり、クログワイがすごいです。
このクログワイ、どうして除草最高難度かというと、球根を持ち、地下茎で勢力を拡大していくのです。不耕起栽培では、耕しませんので、クログワイは地下で好きなように勢力を広げることができるのです。

このクログワイをトラクタで漉き込んでしまうというわけです。

しばらくしたら、もう一度、トラクタで攪拌しようと思います。

2013年6月16日

最高難度の雑草 クログワイ退治 その1

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

ついに出てきました。除草、最高難度の宿敵、”クログワイ”。株間に見えるツンツン髭のように伸びた雑草がそうです。
球根、地下茎で広がっていくため、不耕起栽培でもっともやっかいな雑草です。

やむを得ず、クログワイがひどい田んぼは不耕起をあきらめ、耕起しました。
除草機で駆除するためです。

除草機を押した写真左は一見、クログワイが駆除できたように見えます。恐らくまた球根から再生してくると思います。数回、除草機を押そうと思います。



2012年7月16日

最高難度の雑草 クログワイに挫折寸前 その3

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

田んぼの3分の2がクログワイで覆われたクログワイ田も三回、除草機を押したら、条間がはっきり見えてきました。条間のクログワイを押し倒すことができました。

しかし、クログワイの繁茂が激しいところでは、株間にこんなに残っています。クログワイに囲まれた稲はほとんど分けつしていません。

不耕起の田んぼは除草機にとって、過酷です。前輪の片側が壊れ、分解してしまいました。このクログワイ田ではこれから先、クログワイ撲滅の為、2~3年は除草機を押すことになると思います。
不耕起田の除草ができる爪を工夫し、作ろうと思います。

2012年7月7日

​ 最高難度の雑草 クログワイに挫折寸前 その2

不耕起栽培、無農薬米は雑草のクログワイ退治で苦労。百姓力鍛錬の最高難度の課題。

先週、除草機を押した条間を見ると、クログワイは茶色に枯れているものもありました。でも、地下では球根と地下茎が生きていると思います。こうやって、地上に出ている部分を根気よく、弱らせていくしかないように思います。

先週、除草した条間はまた起き上がって、復活しているクログワイも多く見られました。

除草機の爪を反対に取り付けることにより、泥に食いつくようにしてみました。



食いつきはよくなりましたが、エンジンと駆動部に相当な負担が掛かっているのがわかりました。しっかり、なぎ倒したり、泥にめり込ませたりと効果は上がったのですが、駆動部のチェーンが切れてしまいました。

 左側が今日、除草機を押したところ、右側が先週、除草したところです。まだまだ、最後の課題 クログワイとの格闘は続きそうです。数年は掛かると思います。