ラベル 野菜の自然栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 野菜の自然栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2014年12月31日

越冬するキャベツ

畑に収穫していないキャベツがあります。実はこのキャベツ-10℃を経験しています。

そのような極寒にさらされたキャベツがどんな感じか気になり、収穫してみました。

切り口は水々しく、生命力に溢れていました。

汚れた外側の葉っぱを何層か取ると、寒さの為、霜で覆われているけれど、みずみずしいキャベツでした。 冬の間、キャベツは収穫せず、越冬させながら、食べるというのが良いのではと、始めて気がつきました。

2014年6月22日

我が家の畑の工夫

今まで、野菜作りには手が回らず、雑草に覆われ、ひどい状態でした。
それでも、米つくりと同じように不耕起での栽培は続けていました。

今年から、雑草対策の為に、防草シートを使うことにしました。野菜を作る部分だけ開けておくのです。今後このシートを取ることはありまません。毎年、この部分に穴を掘り、苗を植え付けるのです。

植え付けた後は苗の間に米ぬかを厚く敷きます。防草対策です。最終的には肥料にもなります。

これはコンテナを利用した苗床です。保温、保湿、防鳥対策を兼ねています。これは我ながら素晴らしい工夫だなと自負しています。

水をたっぷり散布した土の上に種をパラパラと蒔き、その上から籾殻で被います。その後、足で軽く鎮圧し、コンテナを被せておくのです。

一週間後のルッコラの発芽状態です。

これは枝豆。芽が出たてのこの状態は鳥たちの好物。だからしっかり葉が開ききるまでコンテナを被せておくのです。

雨が降ればこの穴から雨水も入ることも期待できます。

四方に穴が開いているので風通しも期待できます。

2011年7月10日

我が家の畑

これは我が家の畑です。野菜が青々していると思いきや、ほとんどが草です。以前は、草を雑草と呼び、一生懸命、除草していました。今は、草の間に野菜の苗を定植し、種を蒔きます。

 畑の畝の土をたたいたり、草を抜いたりすると、太いミミズがびっくりして飛び出してきます。

ミミズがたくさんいるような畑は野菜にとっても良い環境だと思っています。