米農家中西のデジカメ百姓日記

2014年11月30日

朝霧の冬期湛水田

伊那谷では霧が出ることがあります。 そのような時はとても幻想的な風景が見られます。冬期湛水田と霧が降りた遠影です。雪の中央アルプス駒ヶ岳が神聖な頂に見えました。



2014年11月24日

野沢菜漬け

今日は野沢菜を漬けました。
今年は野沢菜の種を蒔く時期を逸っしてしまい、近所からもらえることになりました。

今年購入したアルミの2輪車。1輪車だと、前方に乗せるとひっくり返ってしまうことがあるのですが、2輪車は安定しています。

野沢菜漬けや味噌作りに使うために作った洗い場で野沢菜を洗い、

角の漬物桶に漬け込みます。

今年収穫した、唐辛子も入れます。

2014年11月22日

裏の田んぼ 冬期湛水開始

我が家の裏の田んぼの冬期湛水の準備が整い、入水しました。

2014年11月8日

土ごと発酵-3

夏に畑の防草シートの下の撒いておいたくず米が少し、ボロボロになってきました。

土もふかふかです。時間は掛かるようですが、いい肥料になってくれることでしょう。

冬期湛水にそなえて、土手補修

冬期湛水するには土手が漏水しないように補修しておく必要があります。毎年、全ての田んぼの土手を補修するわけではないです。ひどい状態の土手の補修をします。

今年は下原の田んぼの漏水防止の畦シートが傾斜がひどくなっている土手を補修しました。

まず、畦シートを完全に撤去します。

土手に沿って、まっすぐに溝を掘りなおします。

畦シートがまっすぐ埋設されるように添え木で直線を出しながら、埋設します。

こんな感じで埋設します。

不耕起の畑、冬支度

今年から畑で試したみた防草シートのおかげで、畑の片づけがとても楽になりました。
まだ、畑に残してあった唐辛子を収穫して、畑は終わりです。この唐辛子は野沢菜漬けで使うつもりです。

どうですか、きれいになったでしょう。この防草シートはこのまま貼りっぱなしにします。この防草シートの下が微生物の棲家にもなるのです。

2014年11月2日

古代米の稲刈りと天日干し

古代米は晩生の為、田植えをする時期がコシヒカリと同じでも、稲刈りは一か月以上遅くなります。
今日はその古代米の稲刈りをしました。