米農家中西のデジカメ百姓日記

2006年12月31日

冬季湛水を始めました

toukitansui.JPG

 例年に比べ遅いですが、冬季湛水を始めました。冬季湛水というのは、稲株の残った耕していない田んぼに冬中、水を溜めて、イトミミズをはじめとする微生物に田んぼを耕し、肥やしてもらう方法の一つです。冬の間、農業用水が使える地区はここ伊那谷でも少ないと思います。我家では、二つの田んぼで冬季湛水を行っています。周囲を見渡してもこんな田んぼはどこにもないので、もしかしたら、変人と思われているかもしれません。

2006年12月23日

恒例行事 野沢菜を漬けた

nozawanatuke.JPG

 冬恒例の野沢菜を漬ける作業をした。いつもなら、12月初旬に漬けるのだが、何かと忙しく、今になってしまった。畑の野沢菜は霜にあたるほど柔らかくなるという。我家の野沢菜もこの時期まで収穫せずにいた為か、茎がくた~んとなっていた。50kgの野沢菜を二つの特大の桶に分けて漬けた。収穫から漬け込みの作業が終わるまでほぼ一日掛りの仕事だ。漬け方にも色々あるようだが、我家は醤油漬けにしている。今年は試しに一つの桶には唐辛子も一緒に漬け込んだ。ピリカラの野沢菜漬けが今から楽しみだ。
野沢菜漬けは寒いこの地方、この時期限定の漬物だ。暖かい地方では発酵が進み、悪くなってしまう。一番おいしい食べ方は桶から出した氷がバリバリついた野沢菜漬けをすぐ食べるのがよい。

2006年12月8日

香り米のごはん

kaorimai-gohan.JPG

 コシヒカリに香り米を少々混ぜ、炊き上げた。炊飯器の蓋を上げると、暖かい湯気と一緒に、香り米独特の香りも上がってきた。アセチルピロリンと呼ばれる成分が放つ、ポップコーンのような香りだ。炊く前の玄米の香りも抹茶のような香りがする。不思議なお米だ。