米農家中西のデジカメ百姓日記

2009年10月31日

自然の中の色んな顔

今日、娘達と散歩をした時、色んな顔を見つけました。木の枝の葉っぱを取って観察したり、すでに葉っぱが落ちた跡を観察したりしました。みんなユニークな顔が現れました。皆さんも近所の木々を観察してみてください。おもしろいですよ。





2009年10月22日

稲刈りとはざ掛けの絵



うちの四女が小学校の宿題の絵日記に稲刈りとはざ掛けの絵を描きました。カエルもいるし、稲刈り鎌も描いていました。作業をしている私たちの顔には汗が流れていました。細かいところまでよくみていたんだなと思いました。今週末には白毛もち米のはざ掛け米が脱穀できるかな?
お待たせしている皆さん、ごめんなさい。

2009年10月12日

はざ掛け米の稲刈り終わり


台風が過ぎ、3連休の晴天続きではざ掛け米が天日で、いい感じに乾燥した。例年にはなく遅いコシヒカリの脱穀となった。あとは白毛もちと古代米の収穫を残すのみ。


10月11日 早朝、田んぼの土手で草を焼いている風景に出会った。いい感じだったので、写真に残しました。

〔農作業備忘録〕
10月10日 無農薬白毛もち米の稲刈り
10月11日 無農薬白毛もち米のはざ掛け

2009年10月10日

生命あふれる冬季湛水田


9月21日に稲刈りをした冬季湛水田を見たら、ヒコバエ(刈株から出た2番芽)が伸びていた。稲株の周りは一面、日本版ヘアーグラスと呼ばれている「マツバイ」(松葉藺)が芝生のように覆っていた。

一方周辺の農薬、化成肥料使用の田んぼはヒコバエもマツバイも生えていない。やはり無農薬の冬季湛水田は生命あふれる田んぼなんだと再認識した。

〔農作業備忘録〕
10月9日 裏の小さい田んぼ(白毛もち米)、コンバインによる稲刈り
10月10日 裏の大きい田んぼ、白毛もち米の稲刈り

2009年10月9日

台風一過


台風の暴風で、稲刈り間近の白毛もち米がご覧のとおり倒れてしまった。


中央アルプスの空を見ると、快晴。これから数日間、晴れの日が続いたら、稲刈りと脱穀をしよう。

2009年10月3日

長雨で天日干しの脱穀進まず


今日は雨が上がり、日が差した。虹が伊那谷の谷間にかかり、きれいだ。


専業農家のコンバインも刈り取り途中の田んぼの中で開店休業中。


我が家のはざ掛けコシヒカリの田んぼでも、脱穀機を田んぼにおいたまま一時、中断。このまま雨が降らないで乾燥が進めば、明日脱穀ができるかな?やっぱり、来週かな?

【農作業備忘録】
10月2日・・・・下原の大きい田んぼ コンバインで稲刈り