米農家中西のデジカメ百姓日記

2009年12月30日

冬期湛水田に冬の厳しさを感じる

冬季湛水田の見回りをしていたところ、水口が凍り付いているのが目に付きました。水飴のように枯れ草にくっついた氷はちょっとした氷の作品のように感じました。


冬の地元の里山の風景を撮りに、軽トラで出かけました。以下はその時の写真です
棚田から伊那谷を見下ろすとこんな感じ。正面の山は経ヶ岳という山です


観浄寺という山寺、普段は人はいません


棚田の間を流れる小さな沢。山から沸いて流れ出しています。



地元の人たちが共同で作っているふれあい農園です

2009年12月19日

冬季湛水の田んぼ薄氷で結氷


この冬一番の寒気が来ました。冬季湛水している我が家の田んぼでは薄氷でほぼ全面結氷です。それでもマイナス数℃でしょうから、まだまだ序の口。これから、マイナス10℃ぐらいまでは下がる日が出てきます。畑ではまだ大根、かぶ、野沢菜の取り入れがまだなので、明日には地面に穴を掘って作ったムロに非難させます。冬の間、少しずつムロから出して食卓にならびます。

先日の片山右京さんら3人の富士山での遭難はショックでした。昨年、アラスカのマッキンリー登山に行った際、偶然、アンカレッジの宿で同泊となり、山談義でひと時を過ごしたので・・・・。亡くなられたパートナーの宇佐美さんとはその後、電話やメールで連絡をとったこともあり、つらく感じています。

2009年12月6日

駒ケ岳の雪に冬の到来

今日は快晴、家の裏から見える中央アルプス 駒ケ岳(2956m)は数日前に降った雪に覆われた山頂付近がきれいでした。里ではいつ雪が降ってもおかしくない季節となり、家の中ではストーブとコタツが活躍し始めています。大きな農作業が一息ついて、久しぶりに農作業がない週末を過ごしました。