米農家中西のデジカメ百姓日記

2010年3月28日

農作業、事始

先週の突風で破れたビニールハウスの屋根を妻と長女、次女、私の3人で張り直しました。半日で終わるだろうと見込んでいましたが、慣れない作業で、悪戦苦闘、一日掛かりの作業になりました。それでも、サイドの加工作業は来週末に持ち越してしまいました。あと、始めたのが種籾を水に浸し始めました。4月の第二週目の週末まで浸します。芽を少し、出させるのです。今日は久しぶりの大きな作業だったせいか、夕飯の後、そのまま椅子で寝込んしまいました。農作業に徐々に慣れてくるとこんなこともないのですが、体がなまっているということでしょう。

裏庭の紅梅も今が満開です。

2010年3月22日

突風で、ビニールハウスの屋根が

あ~、昨夜の風は台風なみですごかったです。家の中でも風切り音がぴゅーぴゅー響いていました。そんな中、気になっていたのが、家の裏にあるビニールハウス。ビニールは張ってから、6年にもなるし、数日前に屋根に開いた大きな穴を補修したばかりでした。恐る恐る、今朝、見に行ってみるとなんとしたことでしょう!! 屋根が補修したところも含めて2箇所大きな穴が開いていました。


このハウスの様子を見た後、畑に取り残しの野沢菜の開花宣言です。

2010年3月19日

早春のやわらかな光

そろそろ稲の苗作りの準備をしようと思い、育苗をするビニールハウスの片付けをしました。陽気もすっかり春めいて、我が家の冬期湛水田の水面のキラキラ輝く照り返す光もやわらかく感じました。中央アルプス駒ケ岳では風が強いのでしょうか、薄い霧か雲が真横に流れていました。

2010年3月13日

早春の野の草花

 つい数日前の雪で冬に逆戻りしたと思ったら、その雪も今は跡形もなくなくなっています。週末の僕の日課、愛犬ボーダーコリーのチェルシーとの散歩で小さな春を見つけました。田んぼに囲まれた農道の土手には小さな草花が咲いていました。色も白、赤、青、黄色と結構、揃ってます。何週間か前に日記に載せたフキノトウの様子が気になり、行って見ると、花が咲いていました。農作業ももうすぐ始まります。



2010年3月10日

毎日の日課

皆さん昨日から今日に掛けて、寒かったですね。辺り一面、雪でうっすら覆われ、冬に後戻りといった感じです。私の冬の毎朝、日課として勤めに向かう途中で立ち寄る冬期湛水田の水管理があります。水がちゃんと入っているか、土手にもぐらやネズミの穴が開いて、隣の田んぼに水が流れだしていないかを見ながら、出勤するのです。こんな細い農道を農繁期でもないこの時期に毎朝通るのですが、出会う人はまずいません。今朝は私の足跡だけが、ペタペタとついていました。

2010年3月2日

すばらしい一日のはじまり

朝、6:50、ストーブの灯油が切れたので給油する為に裏庭に出ました。目の前には雲間に覗く山並みと鏡のような冬期湛水田が視界に飛びこんできました。この瞬間を切り取りたくて、急いで家の中に戻り、カメラを持ってきて、シャッターを切りました。すばらしい一日のはじまりでした。