米農家中西のデジカメ百姓日記

2006年11月18日

古代米の収穫が終わった

kodaimaimomi.JPG

 はざ掛け天日干ししていた古代米三品種 紫黒苑・紅吉兆・緑万葉の脱穀をした。周囲の収穫の終わった田んぼの中に我家の田んぼ一枚だけ、はざ掛け天日干しは妙に目立つ。曇り空の冷たい風の吹く中、フリースを着ての作業だ。周りはもう農閑期だというのに一人ぽつんと脱穀作業はさびしさが漂う。古代米生産農家はこの時期、孤独なのだ。

2006年11月13日

赤米の餅

akamakimoti.JPG

 白毛もち米と昨年の残りの赤米で餅をついた。赤米の色素で餅の色はほのかに赤みを帯び、赤米の玄米がちりばめられた餅になった。

2006年11月3日

香り米の稲刈り

midorimai.JPG

 緑米で香り米の緑万葉の稲刈りをした。この米は葉緑素のきれいな緑の玄米を取る為に、早刈りをする。毎週、籾を剥き、登熟具合を確認してきた。色にばらつきがある。やはり、刈り時が難しい。
 下の写真のような玄米に仕上がるのが理想だ。
midori.jpg