米農家中西のデジカメ百姓日記

2010年5月22日

田植え後の不耕起田 その1

昨日の不耕起田への田植えの感動の余韻がまだ残っています。早朝5:30、カメラを持って、田んぼへ出掛けました。昨年の収穫後の稲株の残るそのままの田んぼに田植えが出来たなんて・・・・・。代掻きをして妥協を許さないきれいさで田植えをする農家の皆さんが見ると、” なんじゃこりゃ! えらいことをするもんだ。 ” という声が聞こえてきそうな風景です。

でも僕にはとても美しい風景に写るのです。ほとんど自己満足の世界です。


11月初旬から水を溜め始めた田んぼには” ここは沼地だ! と思ったのか、アシなのか、なんなのかわかりませんが、水辺を好む挺水植物が土手きわに繁茂しています。

2010年5月21日

不耕起田への田植え

ついにやってしまいました。耕さない田んぼ(不耕起田)への田植え。冬期湛水をおこなった全ての田んぼで気温の上昇とともに昨年の稲藁の上にミミズの糞(トロトロ層)の堆積が盛んになってきていました。普通の田植え機で田植えが出来るのでは・・・・・?という思いが日に日に増してきました。その不耕起田への田植えの感情を抑えつつ、それでも表面を少し、トラクタで引っ掻いておこうと思い、浅く代掻きをして田植えをしてきました。残すはあと1枚の田んぼ。不耕起田への田植えの感情が抑え切れず、ついに最後の1枚の田んぼでやってしまいました。



 稲株の列と列の間に思うように位置あわせが出来ず、昨年の稲株すれすれの所に植え付けすることもあり・・・・・。

これがまさに世代交代。昨年の稲株にグサリです。

おいおい、こんなに寄り添わなくてもいいのに・・・・・。

場所によってはこんな具合にスズメノテッポウが生えていますが、田植え機の行く手をはばむふとどき者は田植え機から降りて、抜いていきました。なんじゃそりゃ。

うまく土に刺さらず、こてんと行き倒れる苗もたまにはありましたが、それもご愛嬌。あとで、手作業で植え直しました。

とにかく今日は楽しい田植えでした。我が家の米作りでかつてない感動の歴史的な日となりました。

2010年5月14日

藁タワシ


お米のお客様山田さんから、稲藁はないですかと相談がありました。
幸い、我が家でははざ掛け天日干しをしている為、収穫後、稲藁を畑のマルチ用に保存していました。
お米と共に稲藁を送って差し上げ、1ヵ月ほどして、送った稲藁で作ったという藁タワシの写真を送ってくださいました。
藁タワシを作ったきっかけは昭和15年に書かれた『生は死より強し』(谷村金一著という健康法の本に書かれていた、「藁タワシで肌をこすると、亀の子タワシとは違い、母の愛を感じる」という一文を読んだことだそうです。
山田さん曰く、体中あちこちをくるくる円を描くようにして擦ってみたのですが、硬いものは、足とか膝などのふだんこわばりがちなところに行うと、確かにこれまで感じたことがないような気持ち良さを感じました手とか顔などでは、バサついた感じしかしないのですが、下半身にはそれがかえってちょうどいい感じです。柔らかいタワシは、顔や手にちょうど良く、なるほど「母の愛」というのはこのことかもしれないと感心しています。」とのことです。
山田さんはタワシを通じて、稲藁の価値を見出されました。私は無農薬栽培のお米作りを通じて、稲藁が循環型農業で大きな役割を果たしていると実感しています。ふと、”自然農法 わら一本の革命(福岡正信著)”という著書名が頭に浮かびました。

2010年5月4日

遊び仕事 -味噌作り-

我が家ではこのGWを利用し、毎年、味噌作りをします。手間の掛かる作業ですが、遊びも仕事もいっしょくたの「遊び仕事」です。

5月1日
まずは、麹作りからやります。我が家の無農薬コシヒカリを蒸し器で蒸します。蒸す米の量が多いので、6回に分けて行います。大体6時間、火の番をしながら、好きな読書や、子供とお話などをしながらゆっくりとした時の流れを感じる心地よい作業です。(妻にとっては・・・・)


5月3日
蒸したお米に麹菌が回り、白くなり、麹が完成するのに2日掛かります。麹ができたのを見届けて、近所の農家さんが生産した大豆を大釜で煮ます。


煮た大豆はすり潰して、ペースト状にする昔ながらの機械に入れます。

 こんな感じで出てきます。

そうそう、ひき肉を挽くのと同じかな


家族全員参加の連携作業で行います。

挽いた大豆に麹を混ぜます。


こんな感じにして、この上に布団を被せ、保温し、麹菌が大豆に広がるのを一昼夜、待ちます。

5月4日
写真がないのですが、このあと、塩と「あめ」と呼ばれる大豆の煮汁を混ぜ合わせ、桶に入れて寝かせます。初冬、11月頃から使い始めます。

冬期湛水田はすごい!

昨年、収穫後は田んぼ一面、稲藁に覆われていた田んぼですが、

 11月中旬より、田んぼに水を入れ、冬期湛水を始めて、5ヶ月半後の冬期湛水田の様子です。一面を覆っていた稲藁が分解し、なくなってしまったように見えます。

水中を見ると、ミミズの巣穴(ボコボコ、山のように見える部分)が見られます。

表面のトロトロした土をすくってみると、分解してなくなってしまったように見えた稲藁はその土の下にありました。

すくい上げた稲藁と土に混じって、ミミズが何匹もいました。冬期湛水している間に、田んぼ一面の稲藁はミミズの巣となり、ミミズが排泄した糞が稲藁の上に堆積したのです。このトロトロしたミミズの糞はトロトロ層と呼ばれ、天然の肥料です。

これは何の幼虫でしょう?田んぼの中を勢いよく泳いでいました。