米農家中西のデジカメ百姓日記

2021年10月9日

やっと稲刈りです

 今年は長雨の影響か、地区全体の稲刈りが遅めでした。無農薬有機肥料による栽培では、更に遅くなってしまいました。稲刈りまでくると、やっと終わりが見えて来た感じがします。新米のお届けまで、もう一息です。



2021年7月15日

稲が大きくなってきました

 田んぼの中の除草も終わり、暑い日差しの中、土手の草刈りに注力します。

この時期になると、稲もこんなに大きくなります。



2021年6月5日

水田に映る夕焼け

田植えから2週間後、まだまだ苗は小さく、か弱いです。
この時期、苗が成長してない水田には夕焼けと駒ヶ岳の山容が映り、とてもきれいです。
我が家の裏にある田んぼには、このような風景が時々見られます。


2021年5月22日

お田植えをしました


 先週一週間の長雨で1ヵ月も早い梅雨スタートか、これは大変な田植えになるなと心配していました。

幸い、天気が回復し、一点田植え日和となりました。2つ日間かけて、無事田植えが終わり、これから、7月までは、除草作業を行います。



2021年4月25日

今年の米作りが始まりました。

 寒い冬が過ぎ、裏庭のコゴミが芽吹き始めたと思ったら、もう育苗のシーズンです。忙しくビニールハウスのビニールを張替え、何とか昨年と同じ頃の育苗に間に合いました。



2021年4月3日

コゴミが芽吹きし始めました

我が家から10分ほどの、高遠城址公園の桜は2週間ほど早く、満開を迎えています。

もしやと思い、 裏庭を見ると、コゴミ群生地で、コゴミが芽吹き始めていました。




2021年2月21日

春の到来を告げる福寿草

 我が家の裏庭に、春の到来を告げる福寿草が咲きます。実はこの福寿草、昨年末には咲き始めていました。氷点下10℃近くになる厳冬期に、春を感じて、咲き始める生命力に、いつもすごいなと、思います。



2021年1月30日

冬期耕起の一日

 続いていた曇天から、気持ちよく晴れあがった今日、凍土と化していた田んぼの土が柔らかくなりました。ここぞとばかり、終日、トラクターで耕起作業でした。