米農家中西のデジカメ百姓日記

2011年10月30日

冬期湛水の準備 その3

 我家の裏の大きな田んぼははざ掛け天日干しした田んぼです。稲藁をカッターで切り、捲く作業をしました。今日の作業で面積の4分の1ほどが終わりました。ブルーシートで覆った山の下に稲藁があります。雨で濡らさない為です。

冬期湛水始めました

冬期湛水といっても、冬になったら水を入れればいいというものではなさそうです。
これは経験上、わかりました。というのは、稲刈り後できるだけ早く入水するのと、のんびり年末になってから入水するのでは、トロトロ層(ミミズの糞)の堆積の様子が全く違います。冬になってから入水したのでは、トロトロ層がほとんど堆積しません。ですから、ここ数年はできるだけ早く水を入れるようにしています。

下原の三角の田んぼとその中にあるメダカ水路(10月16日入水)



下原の大きい田んぼ(10月23日入水)


原新田の田んぼ(10月16日入水)


裏の小さい田んぼ(10月29日入水)

薪作り その1

これ何だかわかりますか?
ペチカ用の薪にするカラマツの切羽です。長さ4m、直径80㎝の束になっています。業者から運搬してもらい、庭に2束置いてある写真です。一束、試しにペチカで焚いてみたので、チェーンソーで切断してあります。この冬の暖房用です。