米農家中西のデジカメ百姓日記

2015年5月31日

つる野菜 の支柱

エンドウ豆などつる野菜は市販のネットを使うことが多いと思います。我家では初めて、自然素材のネット?を使ってみました。ただの竹の枝です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA収穫時期が過ぎたら、エンドウ豆のつるの残渣と竹をそのまま捨てることができ、手間いらずというわけです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜の支柱 立て

トマトの苗を定植してから一ヶ月。そろそろ自立があやしくなってきたので、支柱を立てました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA我家は 野菜の支柱 にちょっとした工夫でとても簡単です。市販のよくある緑色の支柱を地面に刺し、あらかじめ準備しておいた横木に針金をひと巻して固定するというものです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

畑で除草 する時、使う道具

畑は不耕起にして、野菜を作らない部分は防草シートを敷くことにより、雑草対策が楽になりました。除草作業が楽になったのですが、 畑で除草 はします。使っているのが、けずっ太郎という道具です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA内側の歯を使って除草します。野菜の株間などは、野菜を傷つけることなく安心して除草できるのでお奨めです。

手作業は百姓力を鍛える - 苗の補植作業

田植え後の補植作業を通じ、田んぼを感じる百姓力を培う

今年初めての経験として、ササニシキを栽培します。先代が栽培したことがあるか、どうかは定かではありません。今から、どのような食味か楽しみです。ということで、田植え後、苗が抜けているところや少ないところに苗をつぎ足す 補植 という作業をしました。苗を手で植えるのです。田植え機がなかった頃は当然のこととしては行われていたことです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのように腰をかがめてばかりいると、腰が痛くなるので、時には腰を伸ばし、周りの風景を見ながら、やります。地道な作業です。幸い、この田んぼは大きな田んぼではないので、除草作業や 補植 作業も楽しみの一つとしてできます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネギ苗 を移植

昨年の8月に播種したネギの種が 今は立派な ネギ苗 に育ちました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA ということで、畑のどこがいいだろうかと考え、土手際の傾斜を使い、防草シートとの間に移植することにしました。新たに移植用に土を掘割る必要がないし、防草シートとの間なので、後々、除草が楽になると考えました。OLYMPUS DIGITAL CAMERAご覧の通り、 ネギ苗 を移植しました。この場所が育てやすかったら、来年以降も、ここに定植したいと思います。OLYMPUS DIGITAL CAMERA