米農家中西のデジカメ百姓日記

2015年5月10日

不耕起田で課題の雑草 セリ

不耕起田で冬から春に掛けての除草が大事、スズメノテッポウ

冬、冬期湛水を行った田んぼでは、用水路の改修工事の為、水が止まってしまう時が時々あります。田んぼが乾燥するその期間に雑草が芽吹くことがあります。スズメノテッポウ、セリ、スギナの三種類が主なものです。不耕起田として田植えする場合、これらの雑草を 除草 する必要があります。

根っこから取ろうとすると、やりきれないので、大鎌で雑草を切り取ります。

二番芽が成長しないでくれることを願うばかりです。


0 件のコメント:

コメントを投稿